キャバクラとの比較|ガールズバーでお酒と女の子のトークを楽しもう

ガールズバーでお酒と女の子のトークを楽しもう

キャバクラとの比較

青い服の女性

ガールズバーは、サービスが始まってからまだそれほど年数が経っていません。
そのため、利用したことがない人はもちろん、サービス内容をしっかり把握していない人もたくさんいます。
そして、その中でも特に多いのが、ガールズバーとキャバクラを混同させている人です。
どちらもアルコールを提供しながら男性客をもてなすということで、似たサービスだと勘違いしている人がたくさんいるのです。
しかし、ガールズバーとキャバクラはまったく別物のサービスですので、しっかり区別しておきましょう。

まずガールズバーについてですが、冒頭でも述べたように分類は飲食店です。
あくまでもアルコールと料理を提供する場所であり、男性客と会話をするとはいえカウンター越しになります。
一方、キャバクラの場合はアルコールが提供され、男性客と会話をする点は同じですが、女の子はみなさんの横に座ってサービス提供をおこないます。
接客というよりも接待というイメージでしょうか。
また、働くときの衣装も違っており、キャバクラでは女の子が華やかな衣装を着ていることがほとんどです。
それに対してガールズバーの場合、飲食店ですので衣装の派手さは関係なく、制服の着用を統一させている店舗も少なくありません。
営業形態の違いから営業時間も違うので注意しましょう。
キャバクラの場合は「風俗営業の接待飲食等営業」の許可を得て営業しています。
こちらの場合は0時以降に営業することができません。
それに対してガールズバーは、「深夜酒類提供飲食店」として許可を得ているため、0時以降の営業も許されているのです。